4拍子が美しい~😍

ダルクローズはほとんど未経験、というピアノの先生がたのお勉強会に行ってきました。

人間ピアノ(ピアノの即興をフォローしながらマッサージする)から始めました。人の感覚というのは人それぞれですが、マッサージされている人はする人よりも音に集中できるので、ピアノの音のニュアンスとマッサージのニュアンスが微妙に違うことにも気付きます。「ア もうちょい強いかな?」「高音部はもっと頭に近づいて!ありゃ音が低くなってるよ~」 など、注文殺到でしたが、結局は「あ~気持ち良かった」でした。リラックスできましたね。

さて、本題に向かってのエクササイズをいくつか。拍を感じるって? 見えない感覚を見えるように表現するってなかなか簡単ではないですね。
試行錯誤しながらも、メインの拍子の表現に…

二時間のレッスンでしたが、一時間半を過ぎた頃の動きの表現は驚くほど素敵に音楽的になりました。

ダルクローズは「知っている」のではなくて「経験して感じる」が、大切な事です。
スポンサーサイト

素敵な親子の会話

3○才になったAさんは、ダウン症と重い知的障害をお持ちです。リトミック歴は15年以上になります。

毎週のレッスンにはお母様もずっと一緒。当初は経験不足で失敗だらけのレッスンでしたが、いつも優しい笑顔で見守ってくださり心から感謝しています。
3年ほど前?に「私もリトミックを学びたいです。Aちゃんと先生が音楽でお話ししてる。そんな風になりたいです」と仰ってピアノを習い始めたのです。
音楽の経験はまったくありませんでしたし、音譜も一からのお勉強でしたから、なかなか……
それでも、「おうちのキーボードで練習してるとAさんも楽しそうなんですよ」と。
最近は保育園のサブのお仕事もされたとかで、保育士免許を取得する勉強も始めたそう。

Aさんが先に30分リトミックレッスン、そのあとにお母様のピアノレッスンをしています。

今日はピアノレッスンしていたら、Aさんがまるで歌うようにア~と声を出して応援してくれていましたよ。
「ママ、頑張って~❗」と言っているのかな?

即興は楽しいね✨

ふれあいクラスは発達障がいのある生徒さんのクラスです。

今日はフレームドラムやタンバリンをたくさん置いて、四人で自由に即興しました。

掛け合いあり、ポリリズムあり、ブレイクあり、歌あり、 素晴らしいです。
音楽で会話ができました。

またやる~? またやるよ~😍

ただ者ではない2才児たち

タイミングを合わせるエクササイズをたーくさん経験している2才児さん達。

アナクルーシス➡クルーシスががっつり身体に入っていますね👍

まだ拍子が分かっているわけではないけど、
拍子を変えてもちゃんと1拍目にジャンプしていました。
たどたどしいジャンプがすごく可愛くて、可愛くて。

若さの秘けつは?

60才からのかがやきリトミックがスタートしました。66才から80代の皆さん、お肌つやつや、背中もぴしっ、笑顔がいっぱい。

リトミックってどんなことをするのかしら?
と、好奇心いっぱいで参加してくださいました。

好奇心と挑戦、これが若さの秘訣なのですね。

音楽を楽しみながら、ご自身の世界を広げてくださったら嬉しいです。

次のレッスンを楽しみよ~👍と有り難い感想も頂けました✨
About this site
About me
FC2ブログへようこそ!